大阪府歯科医師国民健康保険組合

文字サイズ

病気やケガをしたとき(療養の給付)

病気やケガで診療を受けるとき、保険証を提示すれば(70〜74歳の方は「高齢受給者証」の提示も必要です)、費用の1〜3割を支払うだけで診療が受けられます(療養の給付)。ただし、年齢により費用の負担割合は変わります。

対象被保険者 負担割合
義務教育就学前まで 費用の2割
義務教育就学〜69歳までの方 費用の3割
70〜74歳の方(現役並み所得者※1 費用の2割(3割)
※1 現役並み所得者についてはこちら
医療機関における外来の機能分化を進めるため、紹介状なしで大病院を外来受診する場合、原則として初診時または再診時に3割〜1割の自己負担に加え、定額負担が必要になります。
定額負担の額は、初診5,000円(歯科は3,000円)再診2,500円(歯科は1,500円)が最低金額となります。ただし、緊急その他やむを得ない事情がある場合については、定額負担を求められない場合があります。

保険証が使える診療

保険証が使えない・または制限される診療

ページの先頭へ